LIFE

【誤配送】ヤマトの宅急便コンパクトで送った荷物が違う場所へ、補償は?

仕事の関係で宅急便コンパクトを使ってやりとりしているのですが、発送した翌日、誤配送が発覚しました。

模型を発送したのですが一つは東京都、もう一つは栃木へ発送しました。

次の日、東京都へ郵送したところから

東京「栃木に発送している模型が来ているのですがどうしましょうか?

とのお電話

はいぼ「何ー!?折り返し連絡させてください」

 

さて、どうしようか?みなさんはどうしますか?私はググりました。誤配送、ヤマトなどなど

その結果をお伝えします。

 

誤配送の補償は?

誤配送の補償に関して調べていると

 

ほとんどの回答がこれ、

ちなみに補償額に関しては以下

 

ま、つまりは連絡してください、とのことですね。

ちなみに時間帯によるかもしれませんが、今回のケースではセールスドライバがないのでサービスセンターに連絡を入れました。

だが、想像しやすいことが起こります。

まじで繋がらねぇ

 

とりあえず、補償は後にして東京に間違えて届いてしまった模型、そのまま東京の人に担当してもらえるか確認してみたところ

東京「大丈夫です!承ります!」

とのこと、とりあえず仕事の納期などに影響は出ないようでよかった。

ただ、今回のケースではよかったが、30万コースになる可能性すらあったからな、ヤマトはどんな対応をするのか?

 

ちなみに配達完了メールは東京に届きました!は来ているが、栃木の方はまだ届いていない状態になっている。

午前着予定で両方とも申し込んでいるので午後になっても連絡がつかない。

誤配送に気がついて社内でなんとかしようとしているのか?東京から回収して栃木へ発送し直そうとしているのか?そんなことを考えているなら面倒なので、直接ヤマトの営業所に行ってきました。

 

誤配送の原因

電話がつながらないので、営業所に直接行ってきました。控えの栃木発送の伝票を持って、

 

はいぼ「栃木に送ったやつが東京に届いているのですが」

ヤマト「伝票を確認します」

数分後

ヤマト「なぜかこの伝票が登録されていません。ドライバーに確認して連絡します」

・・・・・連絡が来た・・・・・

ヤマト「ドライバーが誤って伝票を一つにまとめてしまったようです。」「そのため栃木発送の伝票番号が存在していません。修正します。申し訳ございません」

はいぼ「なるほど、今回は東京で仕事の案件は処理してくれるため栃木に配送する必要は無くなったのですが、何か補償はあるのですか?」

ヤマト「伝票を修正して栃木に送ったように処理しておきました。すみませんでした。」

 

んっ!?

 

はいぼ「いや、そうではなくて、東京に送るのであれば一つにまとめて発送しますよね?宅急便コンパクトの金額プラス送料が倍かかっているのですが、その返金などはないのですか?」

ヤマト「上に確認してまた連絡します。」

 

とのことでした。最終的に栃木への送料無料になったのですが、宅急便コンパクトの代金はシカトされたみたいです。

ぶっちゃけ大した金額ではないので返金されてもされなくてもどうでも良いものはあるが、

誤配送をそのままスルーされるのはなんか違うよね、

 

クレーマーの人だったらかなり美味しい案件なんだろうなぁ

 

-LIFE

© 2022 はいぼブログ