漫画

【昭和の怪物】至高の金融・経済系マンガ、鯨魂を無料で読む!!

2020年6月15日

昭和バブル時期に誕生したモンスターマンガ

はいぼ
こんにちは!はいぼです。

金融系マンガ好きですか?

鯨魂知ってるよ!無料で読めるのどこ!?って方はこちらから

さて、

最近の金融系で一番有名なのはウシジマくんですかね?、

他だとナニワ金融道、ミナミの帝王とか色々ありますよね、

もちろん全て読んでいますが、初めて鯨魂を読んだときは衝撃でした。

このマンガのテーマを一言でいうと

「金と女」

です。金融、経済系なら言わずもがな的なテーマですが、

まず表紙を見てください

どうですか?なにこのハゲ!?

絵図らイカツイですよね?

でもこの表紙以上に中身!

ストーリーがインパクト抜群すぎる!

なんでこの作品が有名じゃないのかすごい疑問です。

キャラが秀逸

このハゲてて体のでかい主人公。銭貫一二三(ぜにつらひふみ)は

大手風俗の社長。ここだけを見ると

「息を吸うのもめんどクセー」

のハート様を思い出しもするが、

だいたい「クケッ、クケッ!」

と笑っているのですw

その性格がまたすごい

・高いものが大好き!(特にこのマンガでは四越が大好き)

・まるで子供のような考え方!(癇癪を起こしたら怖い)

・命令大好き!(今の世の中ではすごいバッシングくらいそう)

こんな感じです。

ただ個人的には子供のような考え方で、自分に素直を突き通せる人こそ

大人数の会社のトップになれる気がします。

よく言えば、自分の考えを曲げず、自分を信じて突き進むことができる人ですね!

ホリエモンを彷彿とさせるストーリー

はいぼ
はいぼの性格とはまるで違うのぅ、ストーリーはどんなの?

さてさて、このストーリー、銭貫一二三の会社成功物語なのですが。

面白いのは物事(社会、民衆)はどのように動くのかをガツーン!と言います。

そして即行動!

その中でもホリエモンを彷彿とさせるストーリーがこちら

 

銭貫はストーリーの中でこのようなことを言っていました。

世の中情報を握ったものが勝つ。

つまり

情報を発信する側に回れば人の考えをコントロールすることだ

ということで

テレビ局、新聞社の買収を図る話が出てきます。

このマンガが発行されたのがウィキペディアによると1985年。

ホリエモンのTV買収事件は2005年。

凄くないですか?

20年も前に情報戦争を新聞、TVに焦点を当ててストーリーを描く。

ここら辺は読んでいて特に衝撃を受けました。

正直今このマンガを書き出したら

あー、ホリエモンのヒストリーを模倣して書いているのかな?

との印象しか受けないでしょう。

ブック放題でタダで読めるのでぜひ本当に読んでほしい!

登録なしでも一巻は無料で読めますよ!

 

ブック放題

ブック放題

SoftBank Corp.無料posted withアプリーチ

【読み放題無料マンガ】雑誌が豊富なブック放題入会から退会まで

続きを見る

名言が多い

 

漫画あるあるではありますが、名言がいろいろ詰まっています。

一部をご紹介します。

子どもにはミルクを、男には女を!年寄りには宗教か墓石を与えてあげなさい!

 

本質的に人は何を求めているのか、を問うような話ですね、結構秀逸なことを言うな〜

一度温まった大理石がなかなか冷めないように、お金を一定以上貯めるとジャンジャン溜まっていく

このセリフの後に

一度温まった大理石がなかなか冷めないように、お金を一定以上貯めるとジャンジャン溜まっていく

その続きのセリフも秀逸。ぜひ本編で読んでいただきたい。

自分そんなお金持ちではないですが、このセリフ好きです。

 

私は夢人間

銭貫はこのように言っていいます。

私は夢人間。夢を見て夢が素晴らしいことだと気づく。そしたら素直に夢を作っていく。自分で作った夢の世界を現実に見てさらに大きな夢を見る。夢を追い続ける夢人間

これ今聞くとローランドを思い出します。

ローランドは「夢は寝てみるものじゃなくて起きてみるもの」

のようなことを話していました。

全くそのとうりかもしれないなぁと、いろいろ思わせてくれるものです。

 

他にもいろいろありますが、

一言で言わず、ストーリーの流れから名言を発する言葉も多いです。

 

是非是非読んでみてください。

でわまた!

 

ブック放題

ブック放題

SoftBank Corp.無料posted withアプリーチ

【読み放題無料マンガ】雑誌が豊富なブック放題入会から退会まで

続きを見る

-漫画
-

© 2021 はいぼブログ