投資関係

【FX】待機中 チャートから見る ポンド円の展望 R7,30日〜

さて、本日もみていきますよー。ポンド円、綺麗な形になってきたので今後の予想を解説していきます。以前ほぼ最下限でロング持ってました、その時のコメがこちら

でももうすでに上昇中、赤線で決済してしまいました。

長期目線でロングなのに、握力足りず、、、この上昇の波にもっと乗っていたかった( ;∀;)

さて、ノーポジで現在の局面を迎えていますが今後どうするか、日足、4時間足、1時間足からみてみます。

長期目線では完全にロングです。でもいつ入るのか?の考察です。7.30日の時点

日足から見る

最近のポン円はゲキ下げからの爆あがり、を繰り返してきましたね。

今回も同じパターン。下限がどこか分かりにくいですが直近最安値の水平ラインとマッチ(148.5)!そして、昨日直近の水平ラインにタッチして今反落(153.4)

ここから日足で見た時に、おや?三尊になってきているな、と。ここからショートを入れる人もいると思います。長期目線でロングではありますが、リスキーなのであまりやらない方が吉かと

4時間足

ここで見ると直近最高値で反落しているのがよく分かります。赤の平行チャネルは完全に崩れています。使用期限が切れました。ここからガンガン上がっていくのか、またズドーンと下がるのかは不明。今は基本待機。ロングを打つなら水平ラインを突破して戻ってきたところをロング。もしくは加減水平ライン、or、下限平行チャネルでのロングですね

1時間足から見る

見れば見るほどやることがない、せいぜい弾けるのが緑の上昇ライン。やるなら上限にタッチしてショート。ただし、上昇トレンドが強いので一気に上がる可能性もある。かといってここからロングは理論的ではない、やはり待機。

チャートが不安定な時にノリでインしてみないことが負けない要素。

fxはやればやるほど運や直感があてにならないことを実感します。

長期の平行チャネルロング日足の青ラインが崩れない限り永遠にロング目線です。

-投資関係

© 2021 はいぼブログ